2017年05月13日

【5/13】ライトハイザー氏がUSTR代表就任で値下がり率ワーストは納得の業種。でも日経割安感は強まりそう?

DSCF4663-Edit_TP_V.jpg
おはようございます。
今日は天気が悪いですねぇ。

さて懸念していたUSTR代表へのライトハイザー氏就任ですが、昨日就任報道が出ました。
昨日の日経朝刊にも改めて載っていたので記事をご覧になった方も多いと思いますが、ライトハイザー氏は80年代のレーガン政権時にUSTR幹部として成し得た功績があります。
内容は、当時の「日米鉄鋼協議」にて日本に輸出自主規制を飲ませた人物。

この報道を受けて「非鉄金属」値下がり率ワースト、「ガラス・土石製品業種」も値下がり率上から3番目と苦戦。
懸念材料として分かっていた内容ではありますが昨日の日経の重しになったのは間違いありません。

では来週以後どうエントリーするかですが、
カバードコールに絡む相対取引でVIXが抑えられていた現状、ファンダで何かが出ればドカンと動くと思われるためそれに乗ることを考えています。
FTを見ても米国ではFBIコミー長官罷免に関するトランプ氏自爆が連日TOPニュースとなっていますが、それでも直近19,800-20,000円の200円レンジで推移しているのはこのファンダの中でも底堅いテクニカルの影響。

テクニカルではSQ通過もあり昨日時点のVIX指数は少し上昇して10.40。
以前低水準ですが、重要なファンダがあまりない月曜以降の動きは米政府の動向睨みになりそうです。

EPSは昨日時点で再度1300円台を回復し1,315.94円。過去最高のEPSです。
カバードコールの手仕舞いがいつになるかは「現状では」このFBI問題の進展次第。
(直近12営業日でVIX指数10前後で推移しているのは北朝鮮リスクと米暫定予算、そしてSQの流れから)

SQは通過、米暫定予算も9月末まで延期、そして北朝鮮リスクも再度織り込みが進んだことで目下はFBI問題となります。ブルームバーグを見る限りでは幾分落ち着き始めているように思えますがどうなるか。
ではでは。

☆★月間実績☆★
+190,000円

エントリー戦略放送中!
・ニコニコ動画 コミュニティURL
・YoutubeURL

クリックの応援をお願いします(`・ω・´)
posted by そあら at 10:56 | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック